木造の新築住宅を建てる時に耐震性は、

昨今は国内において頻繁に地震が起きていて、北海道胆振地方や九州熊本の地震といいい、更には、関東東海地方でも東南海地震の予測もされているようですし、地震大国とうことは今後も続く恐れは十分に考えられるのです。 其のためにも今後、注文住宅を建てるなり、新築住宅を建築購入するにも耐震性というのが、充分に考慮に入れる必要がありそうです。

ところで、実際問題として、特に木造建築の弱点の一つに、若しかしたら地震に弱いと考えられているという節があるようですが、実際はどうなのでしょうか。 ところが、専門家に言わせると、日本古来からの建築工法である木造の建物というのは、他の鉄骨などの構造物に比べてみると軽くてしなやかで、地震によって生じる力も減衰されていて、地震に比較的強いとされる研究の報告もあるようです。 

実際の結果として、木造の建物が壊れやすい状況というのは他に原因があって、土台となる土や基礎充分ばかりでなく、其れに木質部分が腐食していたり、シロアリによる食害の影響で結果として強度が弱くなり、其のために地震の影響による破損や倒壊が起きるとされているようです。 また、新築の住宅を購入する場合も、安易設計や手抜き工事などの恐れもあるので、信用のおける建築業者や不動産業者を選択することも大事になるでしょう。