月別アーカイブ: 2018年10月

私が新築住宅を購入しようと思ったキッカケ

私が、新築住宅を購入しようと思ったキッカケは、妻からの強い申し入れがあったからです
以前から妻は、思い出はプライスレスでお金では買うことはできないし、早く購入して
子供たちのためにも思い出をつくらないといけないと再三に渡り強く言われたことがキッカケでした。

土地選びでは、まず、土地付きの一戸建てとなる、土地とセットになっている物件を
買おうと思いました。
そのためには、断然立地条件です!私は探すに探しまくり、まず私鉄の両方の駅から歩いて5分
国立病院まで5分、区役所までも5分、大学はすぐ裏にあり2分等最高の物件を見付けることができました。そこの物件は災害時にも強く、比較的高台にありますので、床下浸水しにくい高台に建設されているのも大きな魅力でした。

私の住まいの自慢は、ズバリ私鉄の両方の駅の中間地点に駅があり、両方の駅までも歩いて5分で行けると言う利点があります。それがかなり良かったので決めてになったのもそこです。
やはりアクセスのし易さだと思います。後悔したポイントは家の裏が墓地であることです。

家づくりの際には、元々土地付きの完成された状態での一軒家売りでしたので、要望等はとくにありませんでした。とにかくアクセスと買い物と病院と、公的関係の手続きがし易い環境重視でした。

家づくりのために子供のために気を付けた点は、やはり、住民同士のコミュニケーションです。子供が笑って外で遊べるように、町民の繋がりを大事にしました。積極的にイベントや集会に参加して子供を連れていくようにしました。

家を建てて家族の絆としては、より強い結束力が芽生えたと思います。
それまでは、転勤、転職で転居ばかりを繰り返していたのですが、家族全体が落ち着いて真の笑顔を展開できるようになったと言う感じで更に家庭が暖かくなりました。

木造の新築住宅を建てる時に耐震性は、

昨今は国内において頻繁に地震が起きていて、北海道胆振地方や九州熊本の地震といいい、更には、関東東海地方でも東南海地震の予測もされているようですし、地震大国とうことは今後も続く恐れは十分に考えられるのです。 其のためにも今後、注文住宅を建てるなり、新築住宅を建築購入するにも耐震性というのが、充分に考慮に入れる必要がありそうです。

ところで、実際問題として、特に木造建築の弱点の一つに、若しかしたら地震に弱いと考えられているという節があるようですが、実際はどうなのでしょうか。 ところが、専門家に言わせると、日本古来からの建築工法である木造の建物というのは、他の鉄骨などの構造物に比べてみると軽くてしなやかで、地震によって生じる力も減衰されていて、地震に比較的強いとされる研究の報告もあるようです。 

実際の結果として、木造の建物が壊れやすい状況というのは他に原因があって、土台となる土や基礎充分ばかりでなく、其れに木質部分が腐食していたり、シロアリによる食害の影響で結果として強度が弱くなり、其のために地震の影響による破損や倒壊が起きるとされているようです。 また、新築の住宅を購入する場合も、安易設計や手抜き工事などの恐れもあるので、信用のおける建築業者や不動産業者を選択することも大事になるでしょう。

玄関のシャンデリアが自慢

自分の家として、新築の場合はどこか豪華にしたいと思うことがありますね。便利なことを考えたら、その次に見た目を良くしたいと思うことがあります。しかしそんなことをいってもドコモそんな風に、見た目をよくすることができません。予算の関係で、一箇所ぐらいしかそのことを叶えることができないのです。そんな時、一番豪華に見せたいところとして玄関がありました。

玄関を豪華にすると、とても自慢できる家にできますね。中に入ることがなくても、玄関前で近所の人と話をすることがあります。そんな風に、玄関というのは、人の目にさらされる場所でもあるということです。

そのことから、考えた結果でシャンデリアにすることにしました。シャンデリアのあかりにするのです。それはリビングにそうしようと思ったことがありましたが、リビングよりもお客さんの目に触れることができる玄関がいいと思ったのです。それは見た人が褒めてくれる場所となっているのでとても満足してます。

私の一戸建ての自慢できるポイント

私は、家の中にいることが多いのですが、全くストレスを感じません。理由は、広々としたつくりの家であることと、とてもシンプルで飽きないデザインの家だからです。恐らく、一般的なお宅よりも無駄が多い家です。玄関が広く、家の真ん中をくりぬいているようなつくりですから、その分部屋数が少ないのです。しかし、これが自慢できるポイントでもあります。圧迫感がないので、家の中にいても窮屈さを感じませません。

それに、一回の玄関から上を見上げて「朝だぞ起きろ!」とか、「ごはんだよ!」と言えば、全ての部屋に聞こえるので、家族がすぐにリビングに集まってきます。毎日のことなので、これは非常に便利ですし楽です。また、家族は同じ時間に家を出ます。その為、玄関先が混むことが多いのですが、広いのでストレスなく用意して出かけることができます。これもまた、毎日のことなのでとても良かったと思う点です。台風など天気が荒れるときは、外にあるものをとりあえず玄関の中に入れてしまえるのも便利です。

便利なところの土地選びは大変

新築を建てたいと思った時に、まずどこの土地にしようかということを決めることが大切です。私の場合も、新築を建てる前から時間をかけて大津市で土地を探すことにしました。しかしその土地を見つけるのは、とても簡単と思ったものの大変だったのです。それはなんといっても、便利なところを探すのは大変ということです。

便利というと、やっぱり土地の価格がぐっと高いんですね。そのため、多くの人がそこにしたいと思っても、やっぱり躊躇してしまうのです。しかしそのことは長い目で考えると、一番慎重に決めたい部分ですね。新築の場合は、じっくりいろいろなところを検討することができますが、自分が住みたいところについては、ある程度決まっているからです。

自分の希望をすべて網羅させることができる、そんな土地はありません。しかしこれだけは外せないという希望がありました。それは安心してくらすことができる土地です。そのことを最優先すると、ある程度絞れます。

雨が降る事で汚れが落ちる外壁を一戸建てに

大津市に新築一戸建て住宅を建ててから知ったのですが、「雨が降ることでキレイになる外壁」というものがあるそうですね。特殊な塗料を塗ることによって、汚れが落ちやすいのだそうで、それで雨が降ることでさらに汚れがキレーイに落ちてしまうのだとか。

正直、ものすごく羨ましいです。リフォームでその雨が降るたびにキレイに汚れが落ちる塗料を外壁に塗ることもできるのだそうですが、けれどどうせならば他の箇所もいっぺんにリフォームしたいですからね。まだわが家を建てて築6年ほどですから、後数年はリフォーム時期にはならないかなーと思っています。

というか、わが家を建てた工務店さんよ、家づくりの段階でそんな夢のような外壁塗料の話をしてくれよーと思いました。まあ、わが家はガルバリウムの外壁ですから、一般的な外壁よりも汚れは落ちやすくはあると思いますので、だからこそ工務店さんもわざわざ言わなかったのかも知れません。

けれどもわが家のガルバリウムにしても薄い着色のガルバリウムですから、今後汚れが目立ってくる可能性がないとは言えませんからね。外壁の劣化は家全体の見た目に影響しますから、外観をキレイに保つためにも塗っておけば良かったなーと思っています。